2018.06.19

オープンキャンパス、行く前に準備すべきこと

亜細亜大学の昨年のオープンキャンパスの様子

夏休みも近づき、各大学ではオープンキャンパスが開催され始めています。今回、保護者の方に向けてオープンキャンパスでの注意点等を、亜細亜大学入試・広報センターの今中さんに伺いました。

Q.そもそも、保護者がオープンキャンパスに行ってもいいのですか?

A.はい。保護者の方もしくは兄弟姉妹を含めたご家族と一緒に来ていただくことが年々増えています。また、お子さんが部活や勉強などで時間が取れない場合などは、保護者の方が代わりにいらっしゃることもあります。

Q.保護者がオープンキャンパスに行くときに気を付けた方が良いと思うことはなんですか?

A.これは、保護者に限らず高校生の方にも言えることなのですが、志望校選びの評価軸を決めてきた方がいいと思います。その際に、事前に説明で聞きたい内容やキャンパス内の気になる部分などを決めから来ていただければ効率よく見ていただけると思います。

Q.保護者がオープンキャンパスに行くメリットは何ですか?

A.お子さんと進路について共通認識ができるところでしょうか。オープンキャンパスに行くことによって同じ情報を共有できるので、賛成するにしても反対するにしても納得して選ぶことができると思います。また、オープンキャンパスをきっかけにお子さんの考えを聞くことができるところもメリットではないでしょうか。オープンキャンパスに行ったらそのままにするのではなく、家庭でも話し合うことが大切だと思います。

さらに、高校生だけでは分かりにくい、受験や入学後にかかるお金の話を保護者が聞けることもメリットです。入学検定料が思った以上にかかって困ったという話も聞きます。また、奨学金も各大学でいろいろなものがあり、受給に試験が必要なものもあります。

こういった話を聞ける機会を有効に活用してください。

Q.保護者向けの講演は行われますか?

A.はい。実施しています。本学では、大学入試全般に関わる一般的な内容を保護者向けの講演として実施しています。一方、概要説明や学部説明などは本学独自のものとなりますので、お子さんと一緒に保護者の方も聞いていかれることもあります。

Q.これからオープンキャンパスに行かれる高校生・保護者に一言お願いします。

A.時間があるうちに幅広くオープンキャンパスに行っておいてください。3年生だけでなく、1年生、2年生のうちから時間を見つけて行ってみてください。大学に入学してから辞めてしまうのは非常に勿体ないので、オープンキャンパスで各大学のカラーを知っておき、自分に合った学校を探してください。

Q.最後に、貴校のオープンキャンパスの魅力をお聞かせください

A.本学のオープンキャンパスの魅力は、学生スタッフのキャンパスコンシェルジュです。留学や課外活動を通して、充実した学生生活を送っている彼らの姿を見てください。

きっと、本学の学生の雰囲気がわかるはずです。