MESSAGE バイオ・環境・食をキーワードに
持続可能な社会の創造を目指す

石川県立大学では、従来の知の継承だけでなく、
独創的な学術研究の推進により新しい研究領域を開拓するなど、
高度化・専門化した内容を教育・研究すると同時に、
専門領域の広がりや学際領域への展開を視野に入れた教育・研究を行います。
特に力を入れているのが実験とフィールドワーク。
単なる知識の習得や机上の学問ではなく、
実体験の中からの学びです。
自然、生物、人との様々な触れ合いの中から
自然、生物、人の理(ことわり)を学び “自然をたたえ、
生物を慈しむ心”が、
これからの時代を担う若い皆さんの心の中に育ってくれることを期待しています。

UNDERGRADUATE 学部・学科紹介

生物資源環境学部

  • 生産科学科

    生産科学科では、生物資源を利用した新しい生産技術の開発に貢献する人材、農業生産分野のリーダーとなる人材の育成を目指しています。
    学ぶ対象は、わたしたちの生活と関わりの深い植物や動物です。これら生物資源の特性を集団や個体から細胞・分子・遺伝子レベルまで幅広く解明し、バイオテクノロジーなどの先端科学技術を活用して、生産技術の開発を目指すための教育研究を行います。

  • 環境科学科

    環境科学科は、人と自然が共生できる環境づくりのための教育研究を行い、安全で潤いのある快適な地域社会の実現に貢献できる人材の育成を目指しています。
    土壌・水・大気などの知識をベースに、環境や生物生態系と人の活動のかかわりを解明し、自然環境を守りながら生産・生活環境を整備していくための理論と技術を研究します。
    即戦力として活躍できるよう環境にかかわる実験・実習科目も充実。環境とは何かを現場で体験・学習するために、キャンパスを飛び出し、さまざまな環境に触れながら学べる実習も数多く行っています。

  • 食品科学科

    食品科学科の学びの対象は私たちの身近にある「食品」です。食の安全性が問題になるなど、ますます注目を集める食品業界で活躍できる人材の育成を目的としています。
    そのために、バイオテクノロジーなどの先端技術を活用し、食品の加工・貯蔵・流通技術の開発に取り組みます。さらに、食品の安全性や機能性を解明し、安全で豊かな食品の供給システムや食を通じた健康の維持増進に関する教育研究を行います。
    分子レベルから、製造・加工・流通の技術や方法、栄養や衛生の問題など多岐にわたる「食品」に関する知識や技術を身につけるため、講義や実験のほか、生産現場や食品関連企業での研修も行います。

ENTRANCE EXAMINATION 入試内容

試験日程
出願期間 試験日
1/25(月)〜2/5(金)(必着) 2/25(木)
名古屋試験会場 IMYビル4階・5階
名古屋市東区葵3-7-14
※前期のみ

スケジュール

試験会場

IMYビル4階・5階 名古屋市東区葵3-7-14 ※前期のみ

お問い合わせ先

石川県立大学 教務学生課TEL:076-227-7408